凛として誠実な市政を!

竹内陽子 公式サイト

白井市市議会議員

市長、副市長退任

 16日、臨時議会終了後、5月21日を持って退任する、伊澤市長(8年)、伊藤副市長(6年)に、議会親睦会より花束を贈呈致しました。ご苦労様でした。

ご苦労様でした

いよいよ議会がスタート

 16日、臨時議会が開催され、議長、副議長、4組合議会のメンバーが選挙で決まりました。他に、3常任委員会それぞれの委員会の正副委員長を協議で決めて行ったという、なかなか時間のかかる議会でした。この度の議会から議長に我こそはと思う人は、所信表明を行うことが決められていて、2名の議員の所信表明があり、長谷川議員が議長に決定しました。これら一連の事項が終わり、その後、条例がすでに改正されている専決処分の4議案の採決が行われ、改選後恒例の長丁場の臨時議会でした。私は、白井市議会の他に、千葉県後期高齢者医療広域連合議会の議員として4年間活動します。人生100年と言われる時代にとって、生活に密着した医療問題は益々大事な課題として、国の動向も踏まえ発言をしていきたいと思います。

18日、午前中、家の近くの調整池にあるビオトープで、主に幼稚園児を主体に「田植えとのんびり自然体験」が開催されました、子供達は裸足で泥んこになり、田植えと生き物観察をしたりと、親子でなかなか得がたい体験だったのではないでしょうか。私も、お米の品種による稲の違いを、市の職員の方から伺ってきました。田植えの際の泥んこの感触、顕微鏡で見たヤゴなどの観察は大人になっても忘れられない一生の思い出となることでしょう。

田植えの初体験

左がコシヒカリ、右があきだわら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18日 午後1時から、市役所並びのウェルプラットで、ボランティア連絡協議会の総会が1時より開催されました。総会後に、ボッチャの競技講習会がありましたが、なかなか難しいルールです。

18日 夕方、野田佳彦衆議院議員を囲み、現在の国政状況、外交、消費税についてお話を伺う機会を持ちました。大変わかりやすくお話し頂き、また、Q&Aのタイムもあり、充実したひと時でした。

議員の初顔合わせ

 10日、議員全員協議会が開催されました。4月の選挙で初当選、再選議員の初めての顔合わせとなり、議会の例規、申し合わせ事項等々の説明がありました。また、議会活動のベースとなる市の第5次総合計画他、沢山の計画書が全議員に配布され、読み込んでいくのもなかなか大変な作業です。私も初心に帰り4年間邁進していきます。

11日、夕方6時半から、管理組合によるパトロールに参加しました。

12日、母の日で、娘から真紅のバラが届きました。

13日、ボランティア連絡協議会が開催され運営委員として参加しました。議題は、25日に運動公園で開催される、チャレンジパーソン(障害者の運動会)の打ち合わせでした。毎年、参加賞は泡のハンドソープですが、いよいよ、参加賞は来年から無しだそうです! 厳しい予算の影響は、こんなところにも・・

プリザーブドフラワーのバラ

旧学校給食共同調理場

 本日、旧学校給食共同調理場の解体現場を見てきました。現在、西白井駅近くの旧学校給食調理場は、取り壊し作業中です。アスベスト処理については既に非飛散性の天井材についてのは判明されていましたが、平成28年11月に確認されたボイラー煙突部、飛散性アスベストの処理について改めて対応問題が出てきました。しかし、給食が稼働している時の処理が難しかったことから、新給食センターがこの4月から稼働したことを機に、いよいよ旧学校給食共同調理場ボイラー煙突部の工事を進めようと接続部のパッキンを調べたら、アスベストを発見。約700か所の接続を確認(緑のテープが貼られています)されました。従って、追加費用も800万円(?)ほどかかるようですが、まだまだはっきりしていません。工事は6月末をめどに考えられているようですが、早く工事を終わらせないと、近隣の方々、特に小さなお子様のいらっしゃる方々の配慮をしていかなければなりません。速やかな対応が望まれます。

地下の処理施設のパッキン

天井のダクトのパッキンからも

  最近、教育に関する問題が新聞でよく取り上げられています。ICT社会に向けた教育や、学校指導要領も変わり、特に英語教育を小学校低学年から取り入れるという子供達にとって益々ハードな授業展開となってきます。

一方で、先生方の働き方改革も大きな問題となっていますが、今日の新聞(日経)に、茨城県高萩市で中学生が自殺をした記事が掲載されておりました。そして、昨日(5日)の新聞(朝日)に、「繰り返される学校の事故」、「年107万件 対策生かし切れず」の記事が載っておりました。国の大きな問題の一つだと思います。

先日、小学生がいらっしゃる40代のお父さんに学校問題、教育問題等について伺いましたが、お父さん曰く、「家庭教育が一番大切でしょう!」とおっしゃっていました。確かに“子は親の背中を見て育つ”と言われるように、食育も含め家庭教育がとても大切であり基本だと思います。時々、レストランで、家族ずれの食事風景を見ますが、全員それぞれ携帯を見つめているのを見て、悲しくなります。少子化と教育問題も議会で取り上げていく大きな課題と考えております。

早くも連休後半

 10日間のスペシャルゴールデンウィークの後半になってきました。長い連休でも関係なく仕事をしていかなければならない職場もあり、その一つ、隣の消防署は毎日の訓練と救急出動と思わず「ご苦労様!」と我が家のベランダから声をかけております。私は、長い連休中に、色々と整理をと思ったのですが、予定どうりにはなかなか進みません。5月はまた総会のシーズンでもあり、他の行事とも重なり、なかなか思うようにことが運びません。

 さて、その行事の一つに、5月29日(木)、特定外来生物(オオキンケイギク)の駆除が行われます(呼びかけ人 ひよこ児童公園の環境を守り、地域協力を促進する会)。場所は市役所と464号線を結ぶ北環状線沿いです。集合場所は、市役所東庁舎1Fエントランスに、14:00集合です。

 私は、一昨年、議会でオオキンケイギクの駆除について質問しましたが、早速に昨年の5月から有志の方々による駆除がスタートし、私も参加させていただきました。今年もそろそろ黄色いコスモスのようなオオキンケイギクが所によりたくさん咲き、皆さんの目を楽しませてくれますが、農作物等に悪影響を与える特定外来生物なのです。毎年咲いた花から種が落ち、どんどん増えていきます。是非皆さんも駆除のお手伝いをお願いします。

オオキンケイギク

火災騒動

 令和のスタートした本日夜7時20分頃、けやき台の旧給食センターの周りに消防車がサイレンの音とともに3台ほど駆けつけたので、現場に行ってみましたところ、誤報のようでした。現場で消防職員の方に伺ったところ、新しい給食センター付近でも火災(印西地区消防組合HPの火災情報によると、復1452のホテル付近)の通報があったようですが、これも誤報のようでした。何はともあれ令和元年初日からびっくりした白井の夜の騒動でした。

平成から令和

 市議会議員選挙も21日の投票日で21人のメンバーが決まり、私もメンバーの一人になることができました。心から感謝です。(選挙後の御礼の挨拶が禁止されています。)選挙期間中、事故もなく、いつも明るいムードでこれもまた感謝です。さらにエピソードもたくさんありますが、一つご紹介します。在来地区の林と畑に挟まれた細い道を選挙カーでゆっくり走っていましたら、「竹内さん」と声をかけてくださった女性が何か摘んでいるので、「何を取っているのですか?」と尋ねたところ、「こごみですよ」との答えに車の中から皆さん顔を出して「めずらしー!」といったものですから、女性も「取ってあげるから持って行きなさい」の声に、車から全員降り、しばらく〝こごみ摘み〟となりました。まさかこのようなつかの間の山菜採りができるとは思いませんでした。

 さて、あと何時間で「平成」が終わり「令和」になりますが、世の中が益々厳しい時代に突入するような感がするばかりです。選挙中も、いろいろなご意見を頂きましたが、やはり生活に密着した内容が多かったです。特に高齢の方々は、買い物、病院通い、公民館の行事参加等々積極的に行動したくても、ナッシー号の時間が変わり、とても不便になったこと、これは決して小さな問題とは言えません。また、若いお母さん方からは、通学の安全対策、教育問題、保育所問題等、男性からは「もっと、魅力ある市にしてよー!」と様々なご意見を伺ってきました。たくさんの宿題をいただいております。

 5月9日、議会前の全員協議会が開催されます。私が一番年長で、座長のお役を受けますが、新しい議員になられた方もいらっしゃるので、今後の議会の進め方等色々な事項が説明されます。そして、臨時議会が16日に開催され、議長、副議長、組合議員等が決まり、6月16日が定例会になります。この間、準備で忙しくなってまいります。4年間、市民の皆様の付託を受けたことを改めて気を引き締めて活動してまいりたいと思います。「オール白井」を掲げた新しい市長になりますが、財政状況が厳しい中、白井が向かうべき方向をしっかり議論していきたいと思います。

心あたたまる花束

入学式

 毎年、桜が咲き誇るこの季節、小中学校の入学式に参加させていただきます。お天気も気になるところで、9日、七次台中学校入学式は、お天気も良く、桜が満開という絶好の写真撮影日和でしたが、10日、七次台小学校の入学式は、関東の一部でも雪が降るという真冬の寒さで、しかも冷たい雨の中、ピカピカの一年生は、真新しいランドセルにビニールをかぶせたり、傘をさしたり、厳しい初日になってしまったようです。

中学校の入学式は、入場から始まって、真新しい制服に身を包んだ新1年せいの緊張感が伝わってきましたが、小学校の入学式は、入場行進も両親に手を振る余裕(?!)のまだまだあどけなさを感じる一方、対面による上級生の歓迎の歌の際には、興味深々の様子と体の動きがとまり、毎年楽しい入学式です。

興味津々の上級生の歌

緊張いっぱいの新中学生

 



平成から令和と元号が変わり、新しい時代に入っていきますが、少子高齢社会は、教育のみならず福祉、産業等々課題は山積です。

地方統一選挙が始まります。しばらくHPをお休みさせていただきます。

市民皆様の声

 5日、風が少々強い中、文化会館の周りに車椅子のお年寄りの方々がお花見を楽しんでいらっしゃいました。私は車からのお花見ですが、それでも心が和みます。

文化会館前の桜並木

 



また、家々の周りにはパンジー、桜草等々見事に咲いた花々がアレンジされ、楽しませてもらっています。中でも、香りが素晴らしい桜草、ガレージの奥のミニガーデンにもちょっとびっくりです。

香りが素晴らしい桜草

見事なミニガーデン

 



さて、市民の方々は生活の中でどのようなご意見があるのか伺っていきますと、地域によって、年齢層によっても異なりますが、まずは生活に密着した交通問題が多く、特に昨年のナッシー号の急なコース変更は怒り心頭といったところでしょうか、免許書返納した方々には大問題になっています。もちろん北総線の高運賃は若い方々からの意見が多かったです。

そして、高齢社会の福祉の問題は、介護、日常のサービス等多岐にわたり質問がありました。

ふるさと納税はどうなっているのか、農家の方の土地利用(都市計画)について、雨水の排水問題等々課題は沢山ありました。皆様にとっての課題お聞かせください。

 

« Older posts